コラム

消防点検を実施するのに必要な資格

消防点検を実施するためには、どのような資格が必要なのでしょうか?

調べてみると、想像以上に種類があり、それぞれの資格によって点検できる設備も分かれていることが分かりました。

 

ここでは、代表的な資格を紹介したいと思います。

消防設備士

消防点検における基本の資格で、国家資格でもあります。

消防設備士には「甲種・乙種」と2種類あり、以下の点が異なります。

甲種・乙種の違い

甲種:点検だけでなく消防設備の工事も行える資格

乙種:点検のみ行える資格

つまり、甲種の方が受験資格があり、より専門的な資格ということですが、点検のみを行うのであれば、乙種を所持していればよいという事になります。

 

また、消防設備士は「第1~7類、特類」という8種類に分かれており、それぞれ点検できる設備が決められています。

コラム「どんな消防用設備がありますか?」でも紹介しましたが、消防用設備は大きく4つに分けられます。

  • 消火設備
  • 警報設備
  • 避難設備
  • 消火活動上必要な施設
参考
shoubouyousetsubi01
どんな消防用設備がありますか?

消防用設備の点検といっても、具体的にどんなものがあるのでしょうか? 調べてみると、思っていたよりもたくさんの種類がありました。 ここでは、大きな分類についてと、それぞれの設備について徹底的に調べてみた ...

続きを見る

 

8種類の分かれ方が少しややこしいのですが、

消火設備を点検できる資格は第1類2類3類です。

警報設備を点検できる資格は、第4類7類です。

避難設備、および消火器を点検できる資格は、第5類6類です。

消火活動上必要な施設は、第1~4及び7類でそれぞれ定められています。

 

その他、私たちが普段暮らしている中ではほぼ目にすることがないような特殊な消防用設備については、特類の所持者が点検可能です。

 

では、もう少し詳しく、各類の点検内容を紹介していきたいと思います。

第1類 屋内消火栓設備・スプリンクラー設備など

屋内消火栓やスプリンクラーといった、水にかかわる消火設備のほとんどは、消防設備士第1類で点検ができます。

屋内消火栓

消火設備の中でも比較的メジャーなものが対象のため、消火設備のついている建物の点検には必須の資格です。

 

第2類 泡消火設備

第2類は、1類で点検できる設備と重複するものが多いのですが、泡消火設備は消防設備士第2類所持者のみが点検可能です。

泡消火設備

泡消火設備は設置箇所が限られているため、第1類に比べると、第2類が必要になる場面は少なそうです。

 

第3類 不活性ガス消火設備・ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備

第3類は、第1・2類よりもさらに点検できる消火設備が限られており、粉末消火設備などが、消防設備士第3類所持者のみが点検できる設備です。

移動式粉末消火設備

参考
shoubouyousetsubi01
どんな消防用設備がありますか?

消防用設備の点検といっても、具体的にどんなものがあるのでしょうか? 調べてみると、思っていたよりもたくさんの種類がありました。 ここでは、大きな分類についてと、それぞれの設備について徹底的に調べてみた ...

続きを見る

 

第4類 自動火災報知設備・非常警報設備・誘導灯など

自動火災報知設備などの警報設備のほとんどは、消防設備士第4類で点検ができます。

自動火災報知設備 発信機

警報設備は多くの建物に設置されるため、消防点検を行う方にとっては4類はとても重宝されます。

また、誘導灯および誘導標識も第4類の管轄です。

通路誘導灯

誘導灯は少し特殊で、電気工事士もしくは電気主任技術者の免状も同時に必要になります。

こちらについては後ほど紹介します。

 

第5類 避難器具

避難はしご等の避難器具の点検ができるのが、消防設備士第5類です。

避難はしご

ベランダなどに避難はしごがついているマンションも多いので、比較的使用頻度の高い資格ではないでしょうか。

 

第6類 消火器具

消火器の点検ができるのが、消防設備士第6類です。

消防点検 大阪

消防用設備の中でも、消火器が一番設置数が多いことや、第6類は乙種のみであり、受験資格がないため、消防点検を行うなら最初に目指す人が多いようです。

 

第7類 漏電火災警報設備

第7類は、第4類で点検できる警報設備と重複するものが多いですが、漏電火災警報器は、第7類特有の設備です。

漏電火災警報器 受信機

漏電火災警報器は、昔ながらの文化住宅などに設置されていることが多い、漏電を検知して火災を知らせる警報設備です。

 

特類 その他の消防用設備等

一般的な建物のオーナーや管理者の方にはほぼ関係がないかもしれませんが、特殊消防用設備を点検できる資格です。

 

特殊消防用設備は、その建物の機能等に応じて作られたもので、設備ごとに点検できる者が決まっているようです。

ーーー

ということで、消防設備士の中でも、1・4・5・6類あたりが、マンション等一般的な建物で広く活用される資格ということがわかりました。

 

電気工事士

続いて、電気工事士について紹介します。

電気工事士とは、電気設備の工事に必要な国家資格です。

一見消防用設備には関係ないように思いますが、消防用設備は電気を使用するものが多くあります。

その中でも、誘導灯の点検は、消防設備士第4類もしくは7類に加え、電気工事士もしくは電気主任技術者という資格が必須となります。

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事、維持および運用を担う電気保安監督者の役割をするための資格です。

そのため、消防点検には、消防設備士の資格に並んで必須となってくる資格といえます。

 

消防設備点検資格者

最後に、消防設備士および電気工事士の資格以外に、消防点検を実施できる資格を紹介します。

消防設備点検資格者は、工事は行えないものの、消防点検を実施できる国家資格です。

資格自体は、講習と修了試験を受けるだけのため、比較的合格率は高いようですが、受験資格の設定が厳しめです。

条件の一部を抜粋すると以下です。

  • 消防設備士、電気工事士等の資格を持っている者
  • 消防用設備等の整備または工事について5年以上の実務を経験している者   etc...

また、消防設備点検資格者には第1種と第2種があり、消防設備士第1・2・3・6類が第1種、第4・5・7類が第2種にあたります。

 

―――

このように消防点検は、資格に基づき、専門的な業務をされています。

 

まとめ

  • 消防点検を実施するのに必要な資格は、消防設備士、電気工事士(電気主任技術者)、もしくは消防設備点検資格者である。
  • 消防設備士は工事もできる甲種と、点検のみの乙種に分かれ、8種類の資格それぞれで点検できる消防用設備が異なる。
  • 電気工事士は誘導灯の点検に必須の資格である。
  • 消防設備点検資格者は、消防点検のみ行える資格である。

大阪の消防点検オススメ業者3選!

大阪の消防点検は『ここに頼めば間違いない!』というオススメ業者を厳選しました。

青木防災㈱

青木防災㈱は大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む創業60年の老舗で、関西周辺地域から絶大な信頼を得ている会社です。ブログやTwitter等で有名な企業でもありますので、ご存知な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

業界内では中堅どころといった規模の青木防災㈱ですが、ただ単に法を遵守した消防点検をしているだけでなく、見つかった不良個所の改修工事についても全て自社で行うことができるという技術力を持った社員が結集した少数精鋭のプロ集団なんです。

青木防災㈱オススメ理由3つ

  • 消防点検から改修工事まで一括で依頼できる為、費用が割安で済む。
  • 大阪地域に密着した中堅規模の老舗である為、対応等の動きがいい。
  • 設備に詳しいプロフェッショナルから、直接サービスを受けられる。
『消防点検って何してるの?』と思っていたり、同じ費用をかけるなら納得した上でサービスを受けたいという方は、青木防災㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

能美防災㈱

能美防災㈱は東証一部上場企業の業界No.1消防機器メーカーであり、日本全国で事業を展開している大企業です。現在はSECOMグループの傘下に入っており、その仕組み化されたサービスは他社の追随を許さないほど堅実で安心できるものです。

国内No.1の消防機器メーカーである能美防災㈱は、既存建物の設備点検といったメンテナンスだけでなく、新製品の開発・リリースも積極的に手掛けており、常に業界トップを走り続けている存在です。

能美防災㈱オススメ理由3つ

  • 東証一部上場企業で業界No.1消防機器メーカーの信頼性がある。
  • 自社で製品の研究開発から施工・点検までを一括で行っている。
  • 全国展開している為、日本中で同品質のサービスが受けられる。
『今の消防点検業者さんじゃ物足りない‥』と思ったり、東証一部上場企業で国内最大手というブランドの力が必要となる方は、能美防災㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

ヤマトプロテック㈱

ヤマトプロテック㈱は大阪市東成区に本店・大阪事業所のあるNo.1消火器メーカーで、防災研究・開発から施工・メンテナンスまでの全てを自社で手掛ける「ワンストップ・ソリューション」を掲げられているほど技術力のある企業です。

消火器No.1メーカーであるヤマトプロテック㈱ですが、スプリンクラーや火災報知器といった設備の施工や維持管理サービスにも定評があります。自社を「総合防災カンパニー」と位置付けており、もはや『困ったらヤマトプロテック㈱に聞けば間違いない!』とも言える状態でしょう。

ヤマトプロテック㈱オススメ理由3つ

  • 消火器No.1に消防点検を依頼することで、大きな安心感が得られる。
  • 建物の防火管理に関する、あらゆるサービスを受けることができる。
  • 自社で製品生産から施工・保守管理まで行う為、段取りがスムーズ。
『消防点検業者に聞いていいだろうか‥』と悩む様なことがあったり、建物の防火管理について総合的に任せたいという方は、ヤマトプロテック㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

-コラム

© 2021 大阪でオススメの消防点検業者を比較!