コラム

消防法第17条の3の3とは…?

shoubouhou17no3no3

https://shouboutenken.osaka

建物のオーナーや管理者の方の中には、消防署から「立入検査結果通知書」が届き、

「消防用設備等の点検を実施しその結果を報告すること(未実施)(法17条の3の3)」

という文言を見たことがある方も少なくないのではないでしょうか?

※消防署の立入検査については以下「所轄消防署の立入検査と消防点検は別!?」のコラムを参照ください。

 

そもそもこの、「法17条の3の3」とは何なのでしょうか。

ここでいう法律とは、消防法のことです。内容を見てみましょう。

「第十七条の三の三 第十七条第一項の防火対象物(政令で定めるものを除く。)の関係者は、当該防火対象物における消防用設備等又は特殊消防用設備等(第八条の二の二第一項の防火対象物にあつては、消防用設備等又は特殊消防用設備等の機能)について、総務省令で定めるところにより、定期に、当該防火対象物のうち政令で定めるものにあつては消防設備士免状の交付を受けている者又は総務省令で定める資格を有する者に点検させ、その他のものにあつては自ら点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければならない。」

しかし、これだけ読んでも正直具体的にどうすれば良いかよくわかりません。

 

そこで、色々と意味や関係法令を調べ、自分なりにかみ砕いてまとめてみました。

 

対象となる建物等

まず「防火対象物」というのは、ざっくり言うと不特定多数の人に利用される建造物等のことを指します。

そのため、個人が所有する一戸建て等はこの法律の対象にはなりません。

マンションやビル、病院、ホテル、老人ホーム等が防火対象物にあたります。

 

消防用設備

「消防用設備等又は特殊消防用設備」を点検しなければならない、とあります。

代表的なものを挙げると、消火器、自動火災報知設備(天井の感知器など)、誘導灯(非常口のマーク)などがあります。

参考
shoubouyousetsubi01
どんな消防用設備がありますか?

消防用設備の点検といっても、具体的にどんなものがあるのでしょうか? 調べてみると、思っていたよりもたくさんの種類がありました。 ここでは、大きな分類についてと、それぞれの設備について徹底的に調べてみた ...

続きを見る

 

点検周期

次に「定期に」点検しなければならないということですが、具体的には年に2回実施が必要です。

それぞれ「機器点検」と「総合点検(機器・総合点検)」と呼ばれています。

機器点検は、6ヶ月に1回、設備が適正に配置されているかの確認や、外観や簡単な操作によって判別できる事項を確認します。

総合点検は、1年に1回、機器点検に加え、実際に作動させるなどし、総合的な機能を確認します。

 

つまり、機器点検は半年ごとに実施し、そのうち1回は総合点検の項目を加えて実施する、ということになります。

しかし私たちはそこまで難しく考えなくても、機器点検・総合点検を交互に半年ごとに実施しなければならない、と考えれば良いと思います。

 

点検実施者

点検は、基本的には消防設備士等の資格を持った人が実施します。

※詳細は「消防点検を実施するのに必要な資格」のコラムを参照ください。

 

なお、政令で定めるもの以外の防火対象物については、「自ら点検し」ともありますが、

政令で定める以外の防火対象物であっても、専門的な知識の勉強や、後ほど触れる点検報告書の作成のことを考えると、消防点検業者さんにお任せした方が確実で楽です!笑

 

消防署への報告

最後に、「結果を消防長または消防署長に報告しなければならない」という部分ですが、

具体的にどのように報告すれば良いのでしょうか?

 

まず、報告の方法ですが、点検実施後に「消防用設備等点検報告書」を作成します。

これはほとんどの場合、消防点検業者さんが作成してくれるため、建物のオーナーや管理者の方は、報告書へのサインのみで問題ありません。

自分で所轄の消防署に持って行っても良いですが、消防署への提出も代行してくれる消防点検業者さんがほとんどです。

 

また、報告が必要な頻度についてですが、防火対象物の種類によって異なります。

以下の表がわかりやすいのでご覧ください。

この表を見ると、1年に1回、もしくは3年に1回のいずれかであることが分かります。

つまり、点検の頻度は半年に1回、報告の頻度は1年に1回もしくは3年に1回、ということです。

参考 日本ドライケミカル株式会社 防火対象物一覧

 

【まとめ】

  • 消防法第17条の3の3とは、消防設備点検の定期実施・報告について定めた法律である。
  • 消防設備点検が必要なのは、不特定多数の人が利用する「防火対象物」である。
  • 基本的には消防設備士の資格を持った人が、消防設備についての点検を実施しなければならない。
  • 消防設備点検は、機器点検・総合点検を交互に半年ごとに実施しなければならない。
  • 消防署への点検実施の報告頻度は、防火対象物によって1年に1回もしくは3年に1回である。

大阪の消防点検オススメ業者3選!

大阪の消防点検は『ここに頼めば間違いない!』というオススメ業者を厳選しました。

青木防災㈱

青木防災㈱は大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む創業60年の老舗で、関西周辺地域から絶大な信頼を得ている会社です。ブログやTwitter等で有名な企業でもありますので、ご存知な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

業界内では中堅どころといった規模の青木防災㈱ですが、ただ単に法を遵守した消防点検をしているだけでなく、見つかった不良個所の改修工事についても全て自社で行うことができるという技術力を持った社員が結集した少数精鋭のプロ集団なんです。

青木防災㈱オススメ理由3つ

  • 消防点検から改修工事まで一括で依頼できる為、費用が割安で済む。
  • 大阪地域に密着した中堅規模の老舗である為、対応等の動きがいい。
  • 設備に詳しいプロフェッショナルから、直接サービスを受けられる。
『消防点検って何してるの?』と思っていたり、同じ費用をかけるなら納得した上でサービスを受けたいという方は、青木防災㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

能美防災㈱

能美防災㈱は東証一部上場企業の業界No.1消防機器メーカーであり、日本全国で事業を展開している大企業です。現在はSECOMグループの傘下に入っており、その仕組み化されたサービスは他社の追随を許さないほど堅実で安心できるものです。

国内No.1の消防機器メーカーである能美防災㈱は、既存建物の設備点検といったメンテナンスだけでなく、新製品の開発・リリースも積極的に手掛けており、常に業界トップを走り続けている存在です。

能美防災㈱オススメ理由3つ

  • 東証一部上場企業で業界No.1消防機器メーカーの信頼性がある。
  • 自社で製品の研究開発から施工・点検までを一括で行っている。
  • 全国展開している為、日本中で同品質のサービスが受けられる。
『今の消防点検業者さんじゃ物足りない‥』と思ったり、東証一部上場企業で国内最大手というブランドの力が必要となる方は、能美防災㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

ヤマトプロテック㈱

ヤマトプロテック㈱は大阪市東成区に本店・大阪事業所のあるNo.1消火器メーカーで、防災研究・開発から施工・メンテナンスまでの全てを自社で手掛ける「ワンストップ・ソリューション」を掲げられているほど技術力のある企業です。

消火器No.1メーカーであるヤマトプロテック㈱ですが、スプリンクラーや火災報知器といった設備の施工や維持管理サービスにも定評があります。自社を「総合防災カンパニー」と位置付けており、もはや『困ったらヤマトプロテック㈱に聞けば間違いない!』とも言える状態でしょう。

ヤマトプロテック㈱オススメ理由3つ

  • 消火器No.1に消防点検を依頼することで、大きな安心感が得られる。
  • 建物の防火管理に関する、あらゆるサービスを受けることができる。
  • 自社で製品生産から施工・保守管理まで行う為、段取りがスムーズ。
『消防点検業者に聞いていいだろうか‥』と悩む様なことがあったり、建物の防火管理について総合的に任せたいという方は、ヤマトプロテック㈱を消防点検業者に選ぶといいかも知れません。

-コラム

© 2021 大阪でオススメの消防点検業者を比較!